映画に感謝を捧ぐ! 「夜空の大空港」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はウィリアム・グレアム監督の「夜空の大空港」に

 感謝を捧げようと思います。

夜空の大空港 [DVD]
夜空の大空港 [DVD]

 爆弾テロの標的となった旅客機に関わる人々の

 運命を描いた本作は

 乗り物系災害映画史上屈指の「静かなる恐怖」に

 彩られた作品であります。

 娯楽的盛り上げや人間模様を極限まで抑制し

 淡々と進行するストーリー&演出によって生成される

 クール且つ人情味のあるスリル&サスペンスは

 私に娯楽作品における

 「適正なスケール感&スケール感維持」の重要性と

 危機的状況に対し「冷静さ」を保ち続ける人々が放つ輝きの

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ユーモアとシリアス、どんでん返しと王道が

 静かに絡み合う幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「生真面目型飛行機+テロ対策映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 庶民的ムードと破滅的狂気を兼ね備えた犯人造形

 武勇伝&名推理よりも「プロの流儀」を

 貫く姿を追求した主人公チーム造形

 娯楽的魅力を追求しつつ「ご都合主義臭」を感じさせないよう

 配慮された作劇法&映像技によって

 後年の乗り物系災害映画+テロ対策映画に対する

 「道しるべ」の一つとなった本作と
 
 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント