映画に感謝を捧ぐ! 「沈黙の標的」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマイケル・オブロウィッツ監督の
 
 「沈黙の標的」に感謝を捧げようと思います。

沈黙の標的 [DVD]
沈黙の標的 [DVD]

 考古学者「ロバート・バーンズ」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 定番商品風味の裏側で「実験」を試みたアクション映画であります。

 S・セガール主演作の法則に沿って進行しつつ

 「考古学者」という肩書き、アジア映画流アクション造形

 観光旅行要素、謎解きとS・セガールを組み合わせるという

 離れ業に挑んだストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「東西戦闘文化交流」と「凶暴性と滑稽さを結ぶ絆」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (S・セガールのマイペース&圧勝ぶりと

 「S・セガール関連作=沈黙」の法則が

 伝統芸の領域に向かいつつある気配を

 感じさせる作品であるという点も見逃せません)

 まさに「道中系復讐劇」の歴史に輝く

 大いなる珍作であると言えるでしょう。
 
 S・セガール流武術とワイヤー・ワーク&技巧的映像表現を

 力業でつなぎ合わせることによって

 「笑い所」の領域に近づいていくアクション・シーンと

 謎めいた雰囲気と愚かしさが

 独特のバランスで共存する敵軍が味わい深い本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント