映画に感謝を捧ぐ! 「対独爆撃部隊 ナイトウィッチ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はエヴケニア・ジグレンコ監督の

 「対独爆撃部隊 ナイトウィッチ」に感謝を捧げようと思います。

対独爆撃部隊ナイトウィッチ [DVD]
対独爆撃部隊ナイトウィッチ [DVD]

 第2次大戦期のソビエト(現在のロシア)軍に所属した

 「第588女子夜間爆撃機連隊」の実話を

 もとにして作られた本作は

 クールさと繊細さに彩られた実話系戦争映画であります。

 ソビエト軍礼賛風の装飾を纏いつつ

 武勇伝要素を極限まで抑制し

 人間模様に重きを置いたストーリー&演出が

 効率的且つ静かに進行する光景は

 私に「状況設明台詞」の有効活用法と

 戦争映画と女性映画の特性を

 融合させることによって生じる科学反応の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (英雄礼賛的ハッピー・エンドに背を向けて

 希望と哀愁が交錯する幕切れへと

 着地している点も見逃せません。)

 まさに「ロシア流女系戦争映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 暇つぶし映画要素と大作要素

 ロシア映画文化と西洋映画文化

 アクション映画的見せ場と人情劇的見せ場が

 それぞれの持ち味を生かしながら

 「ナイトウィッチ」と称された女性部隊の

 運命を写し出していく姿に心打たれる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント