映画に感謝を捧ぐ! 「ザ・ヴォイド 変異世界」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジェレミー・ギレスピー&スティーヴィン・コスタンスキー監督の

 「ザ・ヴォイド 変異世界」に感謝を捧げようと思います。

ザ・ヴォイド 変異世界 [DVD]
ザ・ヴォイド 変異世界 [DVD]

夜の病院で怪現象と遭遇した人々の運命を描いた本作は

 生真面目感と荒々しさがせめぎ合うホラー映画であります。
 
 ホラー映画にありがちな状況を網羅し

 段階的に謎の解明&ハッタリ感の増幅を行う生真面目さと

 空間限定型映画に属しつつ、空間の理を超越し
 
 力業で問題を解決していく荒々しさが一体となった

 ストーリー&演出は

 私に「モンスター系、館系、宗教系」のホラー属性が

 融合することによって生じる科学反応と

 ホラー映画的見せ場を的確に押さえつつ

 鑑賞者を幻惑する手法の
 
 一形態を目の当たりにする機会をもたらしましたを!!!。

 (ハッピー・エンドとも悲劇とも解釈可能な

 「二組の決着」が想像力を刺激する幕切れと

 なっている点も見逃せません。)

 まさに「2010年代流ホラー映画入門」の

 一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 様々な恐怖&見世物要素を力業で組み合わせ

 勢い任せに進行しつつ

 「病院」の持つ特性が人間に与える影響に

 目を向けるという知略に彩られた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント