映画に感謝を捧ぐ! 「空中レヴュー時代」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はソーントン・フリーマン監督の

 「空中レヴュー時代」に感謝を捧げようと思います。

空中レヴュー時代 [DVD]
空中レヴュー時代 [DVD]

 楽団の指揮者「ロジャー・ボンド」と

 ブラジル人の令嬢「ベリーニャ」の運命を描いた本作は

 堅実にして冒険的なミュージカル映画であります。

 作品の要となる「歌&踊り」を引き立てつつ

 飛行機アクション&精神的葛藤の映像化に挑んだ

 ストーリー&演出は

 私に「見せ場」となる部分を的確に押さえた映画作りの醍醐味と

 アトラクション・舞台芸・映画による共同戦線の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アニメーション喜劇の香り漂う悪漢達と

 「ハッピー・エンド」に突っ込みを入れる事によって

 笑い所へと変換する幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「空中技入りラブ・ミュージカル」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 軽快且つ上品な挿入曲とF・アステア&G・ロジャースの華麗なるダンスが

 恋愛映画の王道に沿って進行する物語を凌駕する程の

 「見せ所」を生成する姿に心打たれる本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント