映画に感謝を捧ぐ! 「ファイナル・ブラッド」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はピーター・マロタ監督の「ファイナル・ブラッド」に

 感謝を捧げようと思います。

ジャン=クロード・ヴァン・ダム/ファイナル・ブラッド [DVD] - ジャン=クロード・ヴァン・ダム, ピーター・ストーメア, オータム・リーサー, ダニエル・バーンハード, クリス・ヴァン・ダム, マリア・コンチータ・アロンゾ, ピーター・マロタ
ジャン=クロード・ヴァン・ダム/ファイナル・ブラッド [DVD] - ジャン=クロード・ヴァン・ダム, ピーター・ストーメア, オータム・リーサー, ダニエル・バーンハード, クリス・ヴァン・ダム, マリア・コンチータ・アロンゾ, ピーター・マロタ

 謎の男「フィリップ」と彼を取り巻く人々の

 運命を描いた本作は

 奇策的な足し算によって生を受けたアクション映画であります。

 「ダイ・ハード」・「ユージュアル・サスペクツ」

 1990~2000年代の東ヨーロッパ事情

 漫画的コミカルさが薄まり、妖気を感じさせる風貌へと

 変化したJ・C・ヴァン・ダムを融合させることによって

 生を受けたストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「王道的な物語を複雑に表現する」技法と

 西部劇文化と2010年代文化による共同戦線の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (どんでん返し史上主義がもたらす「混沌」を

 象徴する幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「空間限定型復讐劇」の歴史に輝く

 珍味であると言えるでしょう。

 巻き込まれ映画の法則に即して進行しているにもかかわらず

 尋問形式+過度の時系列操作によって

 鑑賞者を心理的迷宮へと誘うかのような存在となった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント