映画に感謝を捧ぐ! 「イタリアにおける闘争」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジガ・ヴェルトフ集団の「イタリアにおける闘争」に

 感謝を捧げようと思います。

ジャン=リュック・ゴダール+ジガ・ヴェルトフ集団 DVD BOX deux - ヴェラ・ヒティロヴァ, イヴァン・パッセル, ジャン=リュック・ゴダール, クリスチャーナ・トゥリオ・アルタン, パオロ・ポゼッシ, ジェローム・アンスタン, アンヌ・ヴィアゼムスキー, ジェーン・フォンダ, ジャン=リュック・ゴダール, ジャン=ピエール・ゴラン, ジガ・ヴェルトフ集団(ジャン=リュック・ゴダール、ジャン=アンリ・ロジェ、ポール・ビュロン、ジャン=ピエール・ゴラン)
ジャン=リュック・ゴダール+ジガ・ヴェルトフ集団 DVD BOX deux - ヴェラ・ヒティロヴァ, イヴァン・パッセル, ジャン=リュック・ゴダール, クリスチャーナ・トゥリオ・アルタン, パオロ・ポゼッシ, ジェローム・アンスタン, アンヌ・ヴィアゼムスキー, ジェーン・フォンダ, ジャン=リュック・ゴダール, ジャン=ピエール・ゴラン, ジガ・ヴェルトフ集団(ジャン=リュック・ゴダール、ジャン=アンリ・ロジェ、ポール・ビュロン、ジャン=ピエール・ゴラン)

 革命運動に身を投じた女性「パオラ・タヴィアーニ」に

 ついて記録した本作は

 素朴さと複雑さが交錯する記録映像であります。

 多角的でありながらも淡々とした映像&語り口で

 複雑な革命思想が写し出されていく光景は

 私に、娯楽性に背を向け「教材性」を徹底追求した

 記録映像作りと

 庶民的ムードと政治的ムードによる共同戦線の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (前章の一部映像を加工し

 加工部分に関する解説を入れることによって

 語り手の思想的変化を描写する手法が
 
 使われている点も見逃せません。)

 まさに「共産主義革命家講座」の一翼を担う
 
 作品であると言えるでしょう。

 浮世離れ感と現実感、クールさと熱気

 イタリア入門と共産主義入門が

 独特のバランスで共存する本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント