映画に感謝を捧ぐ! 「彼奴は顔役だ!」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はラオール・ウォルシュ監督の

 「彼奴は顔役だ!」に感謝を捧げようと思います。

彼奴は顔役だ! 特別版 [DVD] - ジェームズ・キャグニー, ハンフリー・ボガート, プリシラ・レーン, グラディス・ジョージ, ラオール・ウォルシュ, マーク・ヘリンジャー, ジェリー・ウォルド, リチャード・マコーレイ, ロバート・ロッセン, ジェームズ・キャグニー
彼奴は顔役だ! 特別版 [DVD] - ジェームズ・キャグニー, ハンフリー・ボガート, プリシラ・レーン, グラディス・ジョージ, ラオール・ウォルシュ, マーク・ヘリンジャー, ジェリー・ウォルド, リチャード・マコーレイ, ロバート・ロッセン, ジェームズ・キャグニー

 元兵士「エディ・バートレット」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 教材性、娯楽性、凶暴性が絡み合う極道映画であります。

 社会の無情さと運命の悪戯によって

 密造酒業界の一員となった男たちの

 栄枯盛衰を通じて

 1920年代のアメリカを蝕む「病巣」に迫るストーリー

 アクション・サスペンス・記録映像の手法を

 状況に応じて使い分けていく演出

 スター性とアウトロー性を兼ね備えた俳優&女優陣が

 一体となる光景は

 私に「社会と組織犯罪の関係」を映画的に表現する手法と

 娯楽的サービス精神と歴史教材性&教訓劇性による

 共同戦線の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (作品の精神よりも「極道映画の法則」を優先させた邦題と

 東洋的男気と西洋的気質&装飾の融合によって

 凶暴性と哀愁を兼ね備えた

 最終決着→幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「極道系1920年代アメリカ入門」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 J・キャグニー&H・ボガードの放つ西洋極道臭

 躍動感と渋味を兼ね備えた映像技

 記録映像的クールさに彩られた語り口によって
 
 戦争の間接被害、権力者と犯罪者を結ぶ「悪の絆」

 人間の本能に基づく行為の「根本」を分析せず

 厳罰主義で解決しようとする事によって
 
 「善意による法律が悪を繁栄させる」現象が発生する恐怖

 極道社会に足を踏み入れた人間の宿命をえぐり出す本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント