映画に感謝を捧ぐ! 「シャッフル(2005年版)」

映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマイケル・フェイファー監督の

 「シャッフル(2005年版)」に感謝を捧げようと思います。

シャッフル [DVD] - ジャド・ネルソン, ジェニファー・カーペンター, マイケル・フェイファー, ジャド・ネルソン
シャッフル [DVD] - ジャド・ネルソン, ジェニファー・カーペンター, マイケル・フェイファー, ジャド・ネルソン

 アパートに潜む殺人者に狙われた人々の

 運命を描いた本作は

 映画的チームワークの醍醐味を見せてくれる

 異常心理サスペンスであります。
 
 主演女優J・カーペンターの怪演と陰鬱且つ幻惑的な映像によって

 勢い任せ感満載のストーリー展開+王道的な真相を補っていくという試みは

 私に「映像的トリック&ムード作り」によって

 物語を補強する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ホラー映画的思わせぶりと「狂気の伝染性」がもたらす悲劇を

 融合させた幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「スター主義+映像派サスペンス」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 館系ミステリー+異常心理サスペンスにありがちな要素と

 ハッタリ的描写に彩られた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント