映画に感謝を捧ぐ! 「ミュータンツ 光と闇の能力者」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョー・シル監督の「ミュータンツ 光と闇の能力者」に

 感謝を捧げようと思います。

ミュータンツ 光と闇の能力者 [DVD] - 福原かれん, ジョー・シル, J.D.ディラード, アレックス・サーラー, J.D.ディラード, エリック・フィッシャーマン, 福原かれん, MIYAVI, クリスティン・ウッズ, ロス・パートリッジ, タカヨ・フィッシャー
ミュータンツ 光と闇の能力者 [DVD] - 福原かれん, ジョー・シル, J.D.ディラード, アレックス・サーラー, J.D.ディラード, エリック・フィッシャーマン, 福原かれん, MIYAVI, クリスティン・ウッズ, ロス・パートリッジ, タカヨ・フィッシャー

 女性刑事「マーフィー」と謎の少女「ノリ」の

 運命を描いた本作は

 様々な娯楽要素&文化が怪しげに絡み合う超能力映画であります。

 東洋文化と西洋文化、犯罪捜査とホームドラマ+ロマンス

 怪奇恐怖と愛憎劇が絡み合ったストーリー&演出が

 幻惑感満載で進行する光景は

 私に、世界を制するほどの力と愛憎渦巻く魂が

 融合することによって生じる科学反応と
 
 映画的ハッタリ&抽象化戦術の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (超能力映画風味よりも青春&癒し系映画風味を

 重んじた幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「陰性ホームドラマ+サスペンス系超能力映画」の

 一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 超能力系SF+モンスター系ホラーの装飾を纏いつつ

 世界の運命を賭けた闘いに背を向けて

 家族喧嘩的な方向へ進行するという発想と

 「東西怪談文化交流精神」が手を組むによって生を受けた本作と 

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント