映画に感謝を捧ぐ! 「バーバリー・コースト」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はハワード・ホークス監督の

 「バーバリー・コースト」に感謝を捧げようと思います。

バーバリー・コースト [DVD] - ミリアム・ホプキンス, エドワード・G・ロビンソン, ジョエル・マクリー, ウォルター・ブレナン, フランク・クレイヴン, ハワード・ホークス, ベン・ヘクト, チャールズ・マッカーサー, アルフレッド・ニューマン, ミリアム・ホプキンス
バーバリー・コースト [DVD] - ミリアム・ホプキンス, エドワード・G・ロビンソン, ジョエル・マクリー, ウォルター・ブレナン, フランク・クレイヴン, ハワード・ホークス, ベン・ヘクト, チャールズ・マッカーサー, アルフレッド・ニューマン, ミリアム・ホプキンス

婚約者に会うためサンフランシスコを訪れた女性

 「メアリー・ラトリッチ」と彼女を取り巻く人々の

 運命を描いた本作は

 銃撃戦に依存せず、物語性で勝負する
 
 異色の西部劇であります。

 愛と暴力、正義漢と欲望、アクションとロマンス

 スリル&サスペンスとユーモアがせめぎ合う

 ストーリー&演出、キャラクター造形が

 軽快且つ生真面目に進行する光景は

 私に、西部劇文化と極道映画文化
 
 大衆食堂的サービスとメッセージ性による共同戦線と

 男性の豪快さ+繊細さ&女性の魔性+純真さを

 映画的に表現する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (勧善懲悪よりも極道の「秘めたる純情」に心打たれる

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「恋愛悲劇入り極道系西部劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 男気映画&ラブ・コメディの雄H・ホークス監督の手腕

 極道俳優E・G・ロビンソンの存在力

 娯楽的アクション・サスペンス・人間模様を

 バランス良く配合した作劇法によって

 他の西部劇とは一味違う輝きを放つ存在となった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント