映画に感謝を捧ぐ! 「トゥー・アサシン 美しき暗殺者」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はサンドロ・チェッカ監督の

 「トゥー・アサシン 美しき暗殺者」に感謝を捧げようと思います。

トゥー・アサシン ー美しき暗殺者ー [DVD] - アンドレア・オズヴーァト
トゥー・アサシン ー美しき暗殺者ー [DVD] - アンドレア・オズヴーァト

 謎の組織に雇われた暗殺者「リザ・ライリー」と彼女を取り巻く人々の

 運命を描いた本作は

 サービス精神と文化交流性を追求した殺し屋映画であります。

 東洋文化と西洋文化が絡み合い

 暴力、陰謀、人間模様、観光旅行が緩やかにせめぎ合うストーリーと

 アクション・サスペンス・ポルノの特性を

 状況に応じて使い分ける演出が一体となる光景は

 私に「娯楽的活劇性・お色気・どんでん返し」を提供しつつ

 女尊男卑的に物語を進行させる手法と

 「映画的東西文化交流」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (重要な問題を力業で隠蔽し「ハッピー・エンド」へと導く

 豪快さに圧倒される幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「女系殺し屋映画」史上屈指の

 軽やかなる珍作であると言えるでしょう。

 陰謀渦巻く世界と人情味溢れる世界のぶつかり合いを

 効率的且つ大衆食堂的に描いた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント