映画に感謝を捧ぐ! 「ファム・ファタール~憑く女~」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はルドルフ・ブテンダッハ監督の

 「ファム・ファタール~憑く女~」に感謝を捧げようと思います。

ファム・ファタール~憑く女~ [DVD] - ジェニー・ボイド, ルドルフ・バイテンダッハ, クリスチャン・ピアース・ベトリー, ルドルフ・バイテンダッハ, スティーヴ・バッケン, クリスチャン・ピアース・ベトリー, ジャイ・カンナ, ジェニー・ボイド, ケリー・ブラッツ, ロス・マッコール, エイドリアン・ハフ
ファム・ファタール~憑く女~ [DVD] - ジェニー・ボイド, ルドルフ・バイテンダッハ, クリスチャン・ピアース・ベトリー, ルドルフ・バイテンダッハ, スティーヴ・バッケン, クリスチャン・ピアース・ベトリー, ジャイ・カンナ, ジェニー・ボイド, ケリー・ブラッツ, ロス・マッコール, エイドリアン・ハフ

 旅人「ベン」と謎の女性「アンバー」の

 運命を描いた本作は

 クールな詰め込み技に彩られたホラー映画であります。

 観光旅行映画、ホラー映画、ポルノ映画

 悪女映画の特性を網羅しつつ

 陰鬱且つ静かに進行するストーリー&演出は

 私に「旅行先での出会い」に潜む危険要素を
 
 ホラー映画的に表現する手法と

 人体破壊を抑制したホラー映画を作ることの難しさを

 世に示す方法の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (即席的知識で「悪霊」に立ち向かうことの危険性と

 「ハッピー・エンド」が主観的概念であることを
 
 象徴する幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「悪女系ホラー」の歴史に輝く珍作であると言えるでしょう。

 ポルノ的性描写、ホラー的残酷描写

 暇つぶし規模のスケール感&スピード感を兼ね備えながら

 大衆娯楽的お色気&ホラーマニア的見せ場を

 ほとんど感じさせないという超常現象に

 遭遇させてくれた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント