映画に感謝を捧ぐ! 「風が吹くまま」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアッバス・キアロスタミ監督の「風が吹くまま」に

 感謝を捧げようと思います。

風が吹くまま ニューマスター版 [DVD] - ベーザード・ドーラニー, ファザード・ソラビ, アッバス・キアロスタミ
風が吹くまま ニューマスター版 [DVD] - ベーザード・ドーラニー, ファザード・ソラビ, アッバス・キアロスタミ

 クルド系の村で葬儀の取材を試みたTV演出家

 「ベーザード」と彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 静かなる異文化交流に彩られた日常劇であります。

 「葬儀の記録映像作り」を目的とする

 主人公一行という大胆な状況設定と

 「事件」に依存しないストーリー展開&素朴な映像表現を

 融合させることによって

 人生論&死生論と日常劇を両立させるという試みは

 私に「都会文化と村社会の交流」と

 「生命」の神秘性&穏健なる創作的狂気を

 映画的に表現する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (状況設明を極限まで抑制し

 絵画+動画的表現に徹することによって

 主人公たちの「行き着く先」を鑑賞者の心にゆだねる

 幕切れとなっている点も見逃せません。)
 
 まさに「日常系純文学&哲学」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 生と死、近代文化と伝統文化

 記録映像的表現と娯楽映画的表現が

 静かに交わる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント