映画に感謝を捧ぐ! 「ドラキュラ対フランケンシュタイン」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。
 
 今回はアル・アダムソン監督の

 「ドラキュラ対フランケンシュタイン」に感謝を捧げようと思います。

ドラキュラ対フランケンシュタイン(日本語吹替収録版) [DVD] - J・キャロル・ネイシュ, ザンダー・ヴォルコフ, ロン・チェイニー・Jr, ラス・タンブリン, ジム・デイヴィス, アンソニー・アイズリー, アンジェロ・ロシット, アル・アダムソン
ドラキュラ対フランケンシュタイン(日本語吹替収録版) [DVD] - J・キャロル・ネイシュ, ザンダー・ヴォルコフ, ロン・チェイニー・Jr, ラス・タンブリン, ジム・デイヴィス, アンソニー・アイズリー, アンジェロ・ロシット, アル・アダムソン

 科学者「フランケンシュタイン博士」と

 吸血鬼「ドラキュラ伯爵」の運命を描いた本作は

 ホラー映画史上屈指の「荒業」に彩られた

 大いなる珍作であります。

 「フランケンシュタイン博士&彼の人造人間」と

 ドラキュラ伯爵を1970年代に復活させるという発想

 モンスター映画要素と青春映画要素を

 力業でつなぎ合わせたストーリー&キャラクター造形

 奇襲的に繰り出される「MTV的表現法」

 アトラクション&バラエティ番組の香り漂う

 残酷描写の数々が一体となる光景は

 私に「伝説級のモンスター&著名人」の映画的活用法と

 残酷さと滑稽さの無意識的共存の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (壮絶なる肩すかし感&緩やかさによって

 「悲劇兼笑い所」の領域に到達した

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ジャンル放浪型ホラー」の極限を目指して突き進む

 挑戦作であると言えるでしょう。

 アイデア性と軽やかさを兼ね備えた

 「登場人物&モンスターの最期」

 効率主義的なロマンス&襲撃シーン

 怪しさ溢れる俳優陣によって

 1970年代と80年代の境界線に立つかのような

 映像&音楽技法によって

 小規模映画的ビジネス戦術と

 暇つぶし&マニア御用達系映画の歴史を

 象徴する存在となった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント