映画に感謝を捧ぐ! 「フィアーズ・オブ・ウォー」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はシドニー・J・フューリー監督の

 「フィアーズ・オブ・ウォー」に感謝を捧げようと思います。

フィアーズ・オブ・ウォー [DVD] - ロン・プロルックス, アミン・バッティア, キャスパー・ヴァン・ディーン, ジェイムズ・ウールヴェット, ボビー・ホセア, ジョセフ・グリフィン, キャリー・オーティス, ケネス・ジョンソン, ダニエル・カッシュ, マーティン・コーヴ
フィアーズ・オブ・ウォー [DVD] - ロン・プロルックス, アミン・バッティア, キャスパー・ヴァン・ディーン, ジェイムズ・ウールヴェット, ボビー・ホセア, ジョセフ・グリフィン, キャリー・オーティス, ケネス・ジョンソン, ダニエル・カッシュ, マーティン・コーヴ

 ベトナム戦争中に起きた「事件」の真相に迫るために

 集まった元兵士たちの運命を描いた本作は

 懐メロ感と技術性に溢れた戦争映画であります。

 戦争中と戦後を交錯させる作劇法&編集技

 記録映像的映像表現

 軽量級アクション映画型戦闘描写

 大作的装飾の数々を一堂に会した

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「物語」に現実感を与える技法と
 
 戦争がもたらす「混沌」を映画的に表現する手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (力業で「海兵隊礼賛的ハッピー・エンド」へと導く

 豪腕に圧倒される幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「実録風ベトナム戦争映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 反戦&アメリカ軍批判的メッセージを挿入しつつ

 アメリカ軍目線で物語を進行させるバランス感覚

 娯楽映画的ハッタリ&思わせぶり戦術

 CGに依存しない特殊効果によって

 1980年代風味と2000年代風味が絡み合う

 「ベトナム戦争映画」となった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント