映画に感謝を捧ぐ! 「パトリオット(2011年版)」

映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はヒース・ジョーンズ監督の

 「パトリオット(2011年版)」に感謝を捧げようと思います。

PATRIOT パトリオット [DVD] - スティーヴン・ホーガン, アリ・カーン, ダーフィル・ラブディニ, エリエス・ゲイブル, クリストファー・サイモン, ヒース・ジョーンズ
PATRIOT パトリオット [DVD] - スティーヴン・ホーガン, アリ・カーン, ダーフィル・ラブディニ, エリエス・ゲイブル, クリストファー・サイモン, ヒース・ジョーンズ

 中東系の武装集団に拘束されたアメリカ人

 「アダム・スミス」の運命を描いた本作は

 節約感とスケール感が交錯する

 異色の戦争映画であります。

 「地下室での2日間」という時間&空間的制約

 流用感溢れる映像の数々

 宗教+政治&軍事+歴史論が静かに交錯する

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「戦闘」に依存しない反戦メッセージ

 物理的制約による精神的スケール感の増幅

 暇つぶし映画技法と社会派映画技法による

 共同戦線の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (圧倒的な憎悪によって「融和」への道を閉ざしつつ

 生還者のその後を「鑑賞者の想像」にゆだねる幕切れと通じて

 世界を覆う狂気を鮮明化している点も見逃せません。)

 まさに「空間&時間限定型戦争映画」の歴史に輝く

 静かなる堅実作であると言えるでしょう。

 中東の一角で繰り広げられる「武装勢力と捕虜の交流」を通じて

 世界を蝕む病理を写し出す本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント