映画に感謝を捧ぐ! 「リターン・オブ・ザ・キラートマト」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョン・デ・ベロ監督の

 「リターン・オブ・ザ・キラートマト」に感謝を捧げようと思います。

リターン・オブ・ザ・キラートマト [DVD] - アンソニー・スターク, ジョージ・クルーニー, カレン・ミスタル, スティーヴ・リンドクイスト, チャーリー・ジョーンズ, ジョン・デ・ベロ
リターン・オブ・ザ・キラートマト [DVD] - アンソニー・スターク, ジョージ・クルーニー, カレン・ミスタル, スティーヴ・リンドクイスト, チャーリー・ジョーンズ, ジョン・デ・ベロ

1978年の映画「アタック・オブ・ザ・キラートマト」を
 
 もとにして作られた人気シリーズの2作目となる本作は

 悪ノリ力の高揚によって「舞台裏喜劇」の領域に到達した

 続編映画であります。

 「アタック・オブ・ザ・キラートマト」の設定&精神を継承しつつ

 自虐、悪ノリ、小ネタを増幅させることによって

 小規模映画会社の苦悩、発想力、柔軟性を

 象徴する存在へと進化したストーリー&演出

 キャラクター造形、音楽は

 私に「中小組織による生き残り戦術」・「アメリカ映画界の舞台裏」

 「TVが映画界に与えた影響」の一端を示しつつ

 「省エネ&リサイクル主義」・「自らを危険にさらす笑い」

 「滑稽さと凶暴さ&残酷さの共存術」の

 極限を目指して突き進む人々の勇姿を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (スターになる前の「準備段階」に立つJ・クルーニーの勇姿と

 悪ノリ力全開で様々な伏線を回収しつつ

 エンドロールに至るまで全力で突き進む

 類い希なるホラー喜劇であるという点も見逃せません。)

 まさに「アタック・オブ・ザ・キラートマト神話」の

 大いなる第2章であると言えるでしょう。

 「トマトと人類の戦い」という奇想天外な発想と
 
 壮絶なる省力&悪ノリによって「偉大なる大珍作」となった前作を

 力業で「神話」の領域に向かわせることによって

 後年のホラー&コメディ映画に対する

 「道しるべ」の一つとなった本作と
 
 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント