映画に感謝を捧ぐ! 「タイムコップ2」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はスティーヴ・ボーヤム監督の「タイムコップ2」に

 感謝を捧げようと思います。

タイムコップ 2 [DVD] - ジェイスン・スコット・リー, トーマス・イアン・グリフィス, スティーヴ・ボーヤム, ジェイスン・スコット・リー
タイムコップ 2 [DVD] - ジェイスン・スコット・リー, トーマス・イアン・グリフィス, スティーヴ・ボーヤム, ジェイスン・スコット・リー

 マイク・リチャードソンの小説「タイムコップ」をもとにして

 1994年に作られた同名映画の流れを汲む本作は

 軽やかなるマニア気質に彩られた時間旅行系SFであります。

 映画版「タイムコップ」の設定を継承しつつ

 複雑化させたストーリーと

 武術系アクション&西部劇アクションへのこだわりが

 融合することによって生じる科学反応は

 私に、SFマニア魂とアクション・マニア魂による共同戦線と

 膨大な情報量を暇つぶし規模に収める技法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アクション映画的ハッピー・エンドと

 人知れず「歴史」を守る人間の孤独感が交錯する

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「軽量級時間移動活劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 「時間移動能力」の有効活用術、正義&歴史に対する一考察

 軽量級作品的見せ場主義&効率主義

 主演男優J・S・リーの東洋武術家的魅力

 アトラクション気質が一堂に会することによって

 「タイムコップ」の新たなる歴史を生み出した本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント