映画に感謝を捧ぐ! 「いのちの戦場-アルジェリア1959-」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はフローラン=エミリオ・シリ監督の

 「いのちの戦場-アルジェリア1959-」に感謝を捧げようと思います。

いのちの戦場 -アルジェリア1959- [DVD] - ブノワ・マジメル, アルベール・デュポンテル, オーレリアン・ルコワン, マルク・バルベ, エリック・サヴァン, モハメッド・フラッグ, フローラン=エミリオ・シリ
いのちの戦場 -アルジェリア1959- [DVD] - ブノワ・マジメル, アルベール・デュポンテル, オーレリアン・ルコワン, マルク・バルベ, エリック・サヴァン, モハメッド・フラッグ, フローラン=エミリオ・シリ

 アルジェリアの山岳地帯に派遣された
 
 フランス軍兵士たちの運命を描いた本作は

 クールなメッセージ性に彩られた戦争映画であります。

 1950年代を生きるフランス人の「アルジェリア」に対する認識と
  
 戦争がもたらす「人命、環境、倫理破壊」を

 淡々と写し出していくストーリー&演出は

 私に「娯楽的魅力」を抑制することによる

 メッセージ性の強化と

 「戦争」が人心に与える影響を世に知らしめる手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (大国による「植民地支配」の時代が終焉を迎えたことを告げつつ

 悲劇も長い目で見れば「ハッピー・エンド」に感じられるという

 皮肉を放つ幕切れとなっている点も見逃せません。)
 
 まさに「フランス流陰性戦争映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 フランス政府によって「隠蔽」された

 1950年代のアルジェリアにおける戦いを通じて

 正義を掲げる人間特有の狂気、戦争の虚しさ&愚かさ
  
 破壊&殺戮の増幅性を世に知らしめた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント