映画に感謝を捧ぐ! 「スモーキン・エース2」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はP・J・ピース監督の「スモーキン・エース2」に
 
 感謝を捧げようと思います。

スモーキン・エース2 [DVD] - モーリー・スターリング, マルタ・イガレータ, ィニー・ジョーンズ, トム・ベレンジャー, トミー・フラナガン, キーガン・コナー・トレイシー, オータム・リーザー, P・J・ピース
スモーキン・エース2 [DVD] - モーリー・スターリング, マルタ・イガレータ, ィニー・ジョーンズ, トム・ベレンジャー, トミー・フラナガン, キーガン・コナー・トレイシー, オータム・リーザー, P・J・ピース

 2006年の映画「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」の

 流れを汲む本作は

 前作の精神を継承しつつ

 ハッタリ精神と技巧性を追求した殺し屋映画であります。

 「一人の男を複数の殺し屋が狙う」という状況設定を維持しつつ

 ブラック・ユーモア&スター主義を抑制し

 要塞攻略系アクション要素&技巧的映像に重きを置いたストーリー&演出は

 私に米ドラマ「24」が映像作品史に与えた影響と

 「変化球的続編戦術」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アクション映画的盛り上げよりも実録的恐怖に

 重きを置いた幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「スケール感抑制型殺し屋映画」の

 一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 見世物的暗殺テクニック、アクション映画的爆発&銃撃戦

 スパイ映画的どんでん返し史上主義

 小規模映画的続編戦術が一堂に会した本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント