映画に感謝を捧ぐ! 「影なき男(1934年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はW・S・ヴァン・ダイクJr監督の

 「影なき男(1934年版)」に感謝を捧げようと思います。

影なき男 [DVD] - ウィリアム・パウエル, マーナ・ロイ, モーリン・オサリヴァン, W・S・ヴァン・ダイク
影なき男 [DVD] - ウィリアム・パウエル, マーナ・ロイ, モーリン・オサリヴァン, W・S・ヴァン・ダイク

 ダシール・ハメットの同名小説をもとにして作られた

 人気シリーズの1作目となる本作は

 上品且つ皮肉なスリル&サスペンスとユーモアに

 彩られた探偵映画であります。

 探偵小説の王道を喜劇的に加工する事によって

 生を受けたストーリー&演出、キャラクター造形が

 軽やかに進行する光景は

 私に、探偵小説に潜む「笑いの種子」の一端と

 サスペンス性とコメディ性を兼ね備えた作劇法&映像技の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (主人公夫婦の愛犬「アスタ」の名演と

 性的な部分を巧みに抽象化する技法が光る

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「探偵映画&犯罪喜劇入門」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。
 
 凶悪さ&欲深さと滑稽さの秘めたる近似性を世に示しつつ

 探偵夫婦「ニック&ノラ」による捕物帖の幕開けを告げた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント