映画に感謝を捧ぐ! 「アルマゲドン20XX」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジム・トレス監督の「アルマゲドン20XX」に

 感謝を捧げようと思います。
アルマゲドン20XX LBXC-209 [DVD] - アズーラ・スカイ, ジョシュア・レナード, レグ・E・キャシー, ダイアン・サリンジャー, ジム・トレス
アルマゲドン20XX LBXC-209 [DVD] - アズーラ・スカイ, ジョシュア・レナード, レグ・E・キャシー, ダイアン・サリンジャー, ジム・トレス

 核戦争によって崩壊した世界で生きる

 人々の運命を描いた本作は

 静かなるハッタリ精神&出たとこ勝負精神に彩られた

 SF映画であります。

 様々な思わせぶり&謎をバラ巻きつつ

 段階的にスケール感を縮小させていくストーリーと

 西部劇、MTV、サスペンスの技法を

 融合させた演出が

 陰鬱且つクールに進行する光景は

 私に文明&モラルの崩壊によって

 「生存至上主義」に支配された世界を映画的に表現する手法と

 「神秘的な問い掛け&肩すかし的な解答」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ハッピー・エンドの装飾を纏うことに全力を注ぐ事によって

 過去&未来に囚われず「今」を生きることの

 大切さを説く幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「放浪+詰め込み型SF」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 力業で「アルマゲドン」との接点を確保し
 
 便乗しようとする邦題戦術

 積載過多感&竜頭蛇尾感の

 極限を目指そうとするかのような物語
 
 軽量感&幻惑感に溢れた映像が融合した本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント