映画に感謝を捧ぐ! 「城砦」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はキング・ヴィダー監督の「城砦」に

 感謝を捧げようと思います。

城砦 [DVD] - ロバート・ドーナット, キング・ヴィダー, ロバート・ドーナット, ロザリンド・ラッセル, ラルフ・リチャードソン, レックス・ハリソン
城砦 [DVD] - ロバート・ドーナット, キング・ヴィダー, ロバート・ドーナット, ロザリンド・ラッセル, ラルフ・リチャードソン, レックス・ハリソン

A・J・クローニンの同名小説をもとにして作られた本作は

 過激さと堅実さを兼ね備えた大いなる医師伝であります。

 村社会特有の閉鎖性、医療界の暗部

 富&名声が人心に与える悪影響に踏み込んでいく過激さと

 娯楽的スリル&サスペンス、ロマンス、ユーモアを網羅し

 効率的に進める部分と見せ場となる部分を

 区分けする堅実さが一体となった

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「社会風刺&教訓性と娯楽性の均整を保つ妙技」と

 「医療」という生き様を映画的に表現する手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (主演男優の熱演を最大限に生かした

 映像技によって娯楽映画的盛り上げを生成しつつ

 「万事解決のハッピー・エンド」を避け

 渋味を利かせた幕切れへと着地している点も見逃せません。)
 
 まさに「人情劇+サクセス・ストーリー型医療論」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 社会派的メッセージと娯楽的サービス

 舞台劇技法と映画技法

 シリアスとユーモアをバランス良く配合した映像技&作劇法によって

 後年の医療系映画&TVドラマを導く存在となった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント