映画に感謝を捧ぐ! 「天使(1937年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はエルンスト・ルビッチ監督の「天使(1937年版)」に

 感謝を捧げようと思います。

天使 [DVD] - マレーネ・ディートリッヒ, エルンスト・ルビッチ, マレーネ・ディートリッヒ, ハーバート・マーシャル, メルヴィン・ダグラス, エドワード・E・ホートン, サムソン・ラファエルソン
天使 [DVD] - マレーネ・ディートリッヒ, エルンスト・ルビッチ, マレーネ・ディートリッヒ, ハーバート・マーシャル, メルヴィン・ダグラス, エドワード・E・ホートン, サムソン・ラファエルソン

 メルキオール・レンジェルの戯曲をもとにして作られた本作は

 思わせぶり戦術と上品さが交錯する愛憎劇であります。

 上流社会夫婦の穏健な日常が

 運命&愛のいたずらによって崩壊していく姿を

 史劇要素を絡めながら描いていくという試みは

 私に「暴力&犯罪」に依存しないスリル&サスペンス生成術と

 「悪意なき心理戦」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (不倫映画史上屈指の「哀しきクールさ」に包まれた

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ハッタリ入り穏健派愛憎劇」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 外交官という職業が抱えるリスク&愛に潜む危険要素を

 娯楽的暴力&お色気に依存することなく

 映像化することに挑んだ本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント