映画に感謝を捧ぐ! 「私の名前はジュリア・ロス」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョセフ・H・ルイス監督の

 「私の名前はジュリア・ロス」に感謝を捧げようと思います。

私の名前はジュリア・ロス [DVD] - ニナ・フォック, ジョセフ・H・ルイス
私の名前はジュリア・ロス [DVD] - ニナ・フォック, ジョセフ・H・ルイス

 アンソニー・ギルバートの小説「The Woman In Red」を

 もとにして作られた本作は

 巻き込まれ映画史上屈指の「効率性&堅実さ」を

 感じさせる作品であります。

 知略と狂気を兼ね備えた母子の陰謀によって

 別人に仕立て上げられた女性の運命を

 王道的危機&対処法の軽やかなる連打によって

 効率的に進行させるストーリー&演出は

 私に「自制&良心なき知性」と

 「閉鎖的空間における情報統制」の恐怖を

 映画的に表現する手法と

 段取り描写&情緒を極限までそぎ落とし

 鑑賞者が望む部分を並べる映画作りの

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「油断大敵&竜頭蛇尾」という言葉を象徴するかのような

 決着の付け方となっている点も見逃せません。)

 まさに「軽量級巻き込まれ映画」の究極形態を

 目指して猛進する作品であると言えるでしょう。

 狂気と正気、知恵と勇気、平穏な風景と凶悪な陰謀

 躍動感と陰鬱さが勢い任せに絡み合う本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント