映画に感謝を捧ぐ! 「サイレント・ワールド2012」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はトラビス・フォート監督の「サイレント・ワールド2012」に

 感謝を捧げようと思います。

サイレント・ワールド 2012 [DVD] - パトリック・ラビオートゥー, デビッド・リマウイ, トラビス・フォート, パトリック・ラビオートゥー, ジュリー・マッカロー, ニック・アファナシブ, ケイティ・ウィルソン, ジェラルド・ウェブ, カイル・モリス, ポール・シナー, ビクトリア・ダディ
サイレント・ワールド 2012 [DVD] - パトリック・ラビオートゥー, デビッド・リマウイ, トラビス・フォート, パトリック・ラビオートゥー, ジュリー・マッカロー, ニック・アファナシブ, ケイティ・ウィルソン, ジェラルド・ウェブ, カイル・モリス, ポール・シナー, ビクトリア・ダディ

 氷山の大移動がもたらす災害から娘を救うため

 ニューヨークを目指す夫婦&息子の運命を描いた本作は

 リサイクル精神、スケール感抑制術

 変化球的目線が冴え渡る災害映画であります。

 「デイ・アフター・トゥモロー」と「アルマゲドン」を

 つなぎ合わせつつ

 道中劇要素に重きを置いたストーリーと

 軽量級アトラクション+TVゲーム感満載のCG映像

 便乗商品戦術を余すところなく発揮した邦題が
 
 一体となる光景は

 私に「アメリカ製災害映画において脇役扱いされる人々を

 作品世界の中心に置く」

 「科学的ハッタリを極限まで抑制する」作劇法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (災害映画的ハッピー・エンドと無意識のコメディ要素が

 静かに絡み合う幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「庶民派災害系SF」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 便乗商品映画界の雄「アサイラム」の心技体と

 アメリカ製災害映画特有の「ヒーロー主義」に対する

 皮肉が融合した本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント