映画に感謝を捧ぐ! 「エネミー・フォース 米軍特殊部隊OSS ナチス潜入作戦」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジャン・リベルテ監督の

 「エネミー・フォース 米軍特殊部隊OSS ナチス潜入作戦」に

 感謝を捧げようと思います。

エネミー・フォース 米軍特殊部隊OSS ナチス潜入作戦 LBX-534 [DVD] - クラッシュ・ミラー, プレストン・ジェームス・ヒリアー, クリストファー・カール・ジョンソン, ラッセル・ホエーリー, ジャン・リベルテ
エネミー・フォース 米軍特殊部隊OSS ナチス潜入作戦 LBX-534 [DVD] - クラッシュ・ミラー, プレストン・ジェームス・ヒリアー, クリストファー・カール・ジョンソン, ラッセル・ホエーリー, ジャン・リベルテ

 ナチス・ドイツ軍幹部を確保するよう命じられた

 米軍特殊部隊の運命を描いた本作は

 戦争映画史上屈指の倹約性&奇策性に彩られた珍作であります。

 1998年の映画「プライベート・ライアン」の流れを汲みつつ

 緩やかに進行するストーリー&戦闘描写を

 記録映像の多用によって補強するという試みは

 私に暇つぶし規模の戦争映画が

 「節約的映画作り」の極限を目指すことによって

 資料的魅力を持った存在へと変異していく現象と

 スパイ活劇、泥棒映画、戦争映画、記録映像を

 力業でつなぎ合わせる技法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (娯楽映画要素を軽やかに払いのけ

 教材映像要素が前面に出ていく光景が

 味わい深さを感じさせる幕切れ→エンドロールと

 なっている点も見逃せません。)

 まさに「省エネ&リサイクル系戦争映画」の

 究極形態を感じさせる作品であると言えるでしょう。

 小規模映画会社的節約術&便乗商品戦術の限りを尽くすことによって

 大作系戦争映画とは一味違う輝き&皮肉を放つ姿が心地良い本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント