映画に感謝を捧ぐ! 「アトミック・ブレイン 大脳移植若返り法」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョセフ・V・マスセリー監督の

 「アトミック・ブレイン 大脳移植若返り法」に感謝を捧げようと思います。

アトミック・ブレイン 大脳移植若返り法 [DVD] - マージョリー・イートン, フランク・ゲルステル, フランク・ファウラー, エリカ・ピータース, ジュディ・バンバー, ジョセフ・V・マスセリー
アトミック・ブレイン 大脳移植若返り法 [DVD] - マージョリー・イートン, フランク・ゲルステル, フランク・ファウラー, エリカ・ピータース, ジュディ・バンバー, ジョセフ・V・マスセリー

 死者蘇生の研究を行う男「フランク博士」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 凶悪さと哀しみが交錯するホラー映画であります。

 ホラー映画の王道+暇つぶし映画的効率主義の中に

 猜疑心&若さへの執着に取り憑かれた老女

 科学者的狂気によって良心を破壊された博士

 劣等感に支配された老人の悲哀を宿したストーリーと

 安物感&見世物感全開の演出

 怪しさに溢れた俳優&女優陣が一体となる光景は

 私に「状況設明台詞」の有効活用法の一端と

 怪奇恐怖生成における「哀愁」の重要性を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ハッピー・エンドの形態を取りながら

 野心&復讐の虚しさを写し出す
 
 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「軽量級ホラー悲劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。 

 狂気&野望と哀しみが入り乱れた館で

 繰り広げられる陰謀を

 小規模映画会社的見世物&節約精神の

 限りを尽くして描く事によって生を受けながら

 ある種の文学性を秘めた存在となった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント