映画に感謝を捧ぐ! 「仮面の米国」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマーヴィン・ルロイ監督の「仮面の米国」に

 感謝を捧げようと思います。

仮面の米国 [DVD] - ポール・ムーニ, マーヴィン・ルロイ, ポール・ムーニ, グレンダ・ファレル, ヘレン・ヴィンソン
仮面の米国 [DVD] - ポール・ムーニ, マーヴィン・ルロイ, ポール・ムーニ, グレンダ・ファレル, ヘレン・ヴィンソン

 脱獄囚ロバート・E・バーンズの自伝を

 もとにして作られた本作は

 刑務所映画史の「大いなる一歩」となる

 実話系映画であります。

 戦場から帰還した男の

 壮絶にして不運な生き様を

 娯楽的サービスと社会派的メッセージ

 見せ場主義と効率主義の均整を保ちながら

 写し出していくストーリー&演出は

 私に「運命の残虐性」・「正義を掲げる人間特有の狂気」

 「目的が人間にもたらすエネルギー」を

 映画的に表現する手法と

 資料性と娯楽性による共同戦線の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ハッピー・エンドとは無縁の未来を感じながらも

 生きることを諦めない主人公の執念に

 圧倒される幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさにアメリカ映画界における「脱獄囚伝」の歴史を切り開いた

 記念碑的作品であると言えるでしょう。

 脱獄囚の人生を映画化する大胆さと

 娯楽的魅力を的確に押さえた堅実さ&技術力によって

 後年の刑務所映画を導く存在となった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント