映画に感謝を捧ぐ! 「月へのミサイル」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はリチャード・E・カンナ監督の「月へのミサイル」に

 感謝を捧げようと思います。

月へのミサイル [DVD] - リチャード・トラヴィス, キャシー・ダウンズ, K・T・スティーヴンズ, ニーナ・バラ, ゲイリー・クラーク, マイケル・ウォーレン, リチャード・E・カンナ
月へのミサイル [DVD] - リチャード・トラヴィス, キャシー・ダウンズ, K・T・スティーヴンズ, ニーナ・バラ, ゲイリー・クラーク, マイケル・ウォーレン, リチャード・E・カンナ

 1953年の映画「月のキャット・ウーマン」を

 もとにして作られた本作は

 節約&リサイクル精神の粋を結集したSF映画であります。
 
 「月のキャット・ウーマン」の設定を再利用しつつ

 愛憎劇、超能力、巻き込まれ、どんでん返し要素を挿入し

 論理性を抑制することによって生を受けた

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「物語&映像的リサイクル」と「男児向けサービス精神」を

 徹底追求したSF映画作りの一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「過去の悲劇&未来のこと」を深く考えないポジティブ精神全開で

 突き進む幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「男児向けアトラクション系SF映画」の

 究極形態を感じさせる珍作であると言えるでしょう。

 人々の「月」に対する思い 

 物語の「要所」に当たる部分以外をことごとく省略する合理性

 SF映画にありがちな要素を力任せに詰め込む豪快さ

 一堂に会した本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント