映画に感謝を捧ぐ! 「最後のギャング」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はエドワード・ルドウィグ監督の「最後のギャング」に

 感謝を捧げようと思います。

ギャング映画 コレクション 最後のギャング DVD10枚組 ACC-191 - エドワード・G・ロビンソン, ジェームズ・スチュワート, ハンフリー・ボガート, アイリーン・マニング, ジェーン・ブライアン, ジェーン・ワイマン, ディック・フォラン, ジェームズ・キャグニー, ラルフ・ベラミー, ケイ・フランシス, リュー・エアーズ, ジョーン・ブロンデル, エドワード・ルドウィグ, ルイス・セイラー, ロイド・ベーコン, アーチー・L・メイヨ, ジェームズ・キャグニー, ラルフ・ベラミー, ケイ・フランシス, リュー・エアーズ, ジョーン・ブロンデル
ギャング映画 コレクション 最後のギャング DVD10枚組 ACC-191 - エドワード・G・ロビンソン, ジェームズ・スチュワート, ハンフリー・ボガート, アイリーン・マニング, ジェーン・ブライアン, ジェーン・ワイマン, ディック・フォラン, ジェームズ・キャグニー, ラルフ・ベラミー, ケイ・フランシス, リュー・エアーズ, ジョーン・ブロンデル, エドワード・ルドウィグ, ルイス・セイラー, ロイド・ベーコン, アーチー・L・メイヨ, ジェームズ・キャグニー, ラルフ・ベラミー, ケイ・フランシス, リュー・エアーズ, ジョーン・ブロンデル

 ギャング団の首領「ジョー・クロザック」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は
 
 凶悪性と人情味が交錯する極道映画であります。

 「塀の中&隠れ家」で繰り広げられる極道的人間模様と

 ヒロインの周辺で繰り広げられるホームドラマ的人間模様を

 段階的につないでいくストーリー&演出は

 私に、和やかさと凶暴さ&危うさがせめぎ合う作品世界と

 極道組織に関わってしまった人間の悲劇を

 映画的に表現する手法の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (暴力性、哀愁、解放感が静かに絡み合う

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ジャンル混合型極道映画」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。
 
 泥棒映画、刑務所映画、人情劇の王道を

 融合させることによって

 後年の極道映画に対する「道しるべ」の一つとなった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント