映画に感謝を捧ぐ! 「ベラルーシ侵攻1942 -ナチスの罠-」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はユーリ・ポレッツキー監督の

 「ベラルーシ侵攻1942 -ナチスの罠-」に

 感謝を捧げようと思います。

ベラルーシ侵攻1942― ナチスの罠― [DVD] - アレキサンダー・ヤコヴレフ
ベラルーシ侵攻1942― ナチスの罠― [DVD] - アレキサンダー・ヤコヴレフ

 1942年のソビエト(現ロシア)の孤児院周辺で繰り広げられる

 ナチス・ドイツ軍と対独パルチザンの戦いを描いた本作は

 クールな残酷性に包まれたロシア製戦争映画であります。

 対独パルチザンの壊滅を目論む

 ナチス・ドイツ軍の謀略に巻き込まれた

 孤児院の悲劇を題材としつつ

 淡々と進行するストーリー&戦闘描写が

 戦争が日常化した世界に生きる人々の狂気と

 運命の無情さを写し出していく光景は

 私に「反戦的台詞」に依存しない反戦メッセージと

 娯楽的盛り上げを抑制することによって

 物語&映像の現実感が増していく現象の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (過酷な状況下に「一筋の安らぎ」を見いだしていく

 子供たちの姿に心打たれる

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「アクション+サスペンス+ホームドラマ系戦争映画」の

 一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 節約感溢れる映像と静かなるストーリー展開が
 
 「武勇伝風味と反戦映画風味のせめぎ合い」を感じさせる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント