映画に感謝を捧ぐ! 「万事快調」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジャン=リュック・ゴダール&ジャン=ピエール・ゴラン監督の

 「万事快調」に感謝を捧げようと思います。

万事快調 《IVC 25th ベストバリューコレクション》 [DVD] - イヴ・モンタン, ジェーン・フォンダ, ヴィットリオ・カプリオーリ, ジャン=リュック・ゴダール
万事快調 《IVC 25th ベストバリューコレクション》 [DVD] - イヴ・モンタン, ジェーン・フォンダ, ヴィットリオ・カプリオーリ, ジャン=リュック・ゴダール

 取材先の工場でストライキに巻き込まれた

 夫婦の運命を描いた本作は

 風刺劇史上屈指の「難解さ&実験性」に溢れた作品であります。

 論争&自分語りに重きを置きながら進行するストーリーと

 「創作物」感満載の映像が
 
 融合することによって生じる科学反応は

 私に「娯楽映画技法と記録映画技法の共同戦線」と

 作り手の思いを作品に反映させる手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (鑑賞者に考えさせることを徹底追求するかのような

 クールさに彩られた幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「舞台劇+宣伝映像型社会&創作者論」の称号にふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 J・L・ゴダール監督の気質、1960~70年代の社会&文化

 各種映像作品技法が手を結ぶことによって生を受けた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント