映画に感謝を捧ぐ! 「レジェンド・オブ・シュワルツェネッガー」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はダン・コックス監督の
 
 「レジェンド・オブ・シュワルツェネッガー」に感謝を捧げようと思います。

レジェンド・オブ・シュワルツェネッガー [DVD] - アーノルド・シュワルツェネッガー, ジェームズ・アドミアン, ダニエル・クレイグ, ダン・コックス
レジェンド・オブ・シュワルツェネッガー [DVD] - アーノルド・シュワルツェネッガー, ジェームズ・アドミアン, ダニエル・クレイグ, ダン・コックス

 俳優「アーノルド・シュワルツェネッガー」に

 関する一部を記録した本作は

 奇策的にして過激な手法で

 A・シュワルツェネッガーの光と闇に迫る記録映像であります。

 アクション俳優A・シュワルツェネッガーの

 生涯を題材にしたサクセス・ストーリーと見せかけて

 彼の秘めたる商売人&策士要素と
 
 暗黒面を世に示そうと試みる映像&語り口が

 軽やかに進行する光景は

 私に「2000年代前半のアメリカ」に潜む魔性の一端と

 アクション俳優=非知性派というイメージに対する警鐘と

 「対象を持ち上げつつ批判する」宣伝戦術の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (軽快且つ陽気な曲に乗せて繰り出される

 A・シュワルツェネッガー批判の嵐が

 政治風刺戦術の一端を示す幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「軽量級史劇系A・シュワルツェネッガー入門」の

 称号にふさわしい作品であると言えるでしょう。

 常に力を求めて猛進することによって

 強靱な肉体、大いなる存在力、ビジネス的知略&貪欲さ

 巧妙なる大衆操作術を兼ね備えた俳優&政治家となった

 A・シュワルツェネッガーに対する軽やかで鋭い目線によって

 英雄伝と政治風刺の入り交じった記録映像となった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント