映画に感謝を捧ぐ! 「シャークトパス Vs 狼鯨」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はケヴィン・オニール監督の

 「シャークトパス Vs 狼鯨」に感謝を捧げようと思います。

シャークトパス VS 狼鯨 [DVD] - キャスパー・ヴァン・ディーン, キャサリン・オクセンバーグ, イギー・ポップ, ジェニファー・ウィンガー, ケヴィン・オニール, マット・ヤマシタ, キャスパー・ヴァン・ディーン
シャークトパス VS 狼鯨 [DVD] - キャスパー・ヴァン・ディーン, キャサリン・オクセンバーグ, イギー・ポップ, ジェニファー・ウィンガー, ケヴィン・オニール, マット・ヤマシタ, キャスパー・ヴァン・ディーン

 2010年の映画「シャークトパス」をもとにして作られた 

 人気シリーズの3作目となる本作は

 サメ映画史上屈指の「やりたい放題感」に溢れた珍作であります。

 「シャークトパス」シリーズの精神を継承しつつ

 格闘技映画&ホラー映画要素を力業で挿入する事によって
 
 生を受けたストーリー&演出、キャラクター&モンスター造形が

 R・コーマン的サービス精神とその場しのぎ精神の

 赴くままに荒れ狂う光景は

 私に、様々な生物を合体させて「巨大モンスター」化させる実験と

 小規模映画会社ならではの「便乗商品+アウトロー感」が織りなす

 爽快感の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (サメとタコの合体静物「シャークトパス」の新たなる進化を

 感じさせる幕切れとなっている点も見逃せません。)
 
 まさに「武術+妖術系巨大モンスター映画」の領域に向かって突き進む

 「シャークトパス」第3章であると言えるでしょう。

 海洋生物の常識を超越する存在へと進化した

 「シャークトパス」に対し互角以上の闘いぶりを見せる

 「狼鯨(ホエールウルフ)」の勇姿と

 様々な大衆娯楽要素を混ぜ合わせることに

 よって生じる闇鍋感によって

 珍作系サメ映画の雄「アサイラム・サメ路線」に

 勝るとも劣らぬ程の猛将となった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント