映画に感謝を捧ぐ! 「女囚の掟」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョン・クロムウェル監督の「女囚の掟」に

 感謝を捧げようと思います。

女囚の掟 [DVD] - エレノア・パーカー
女囚の掟 [DVD] - エレノア・パーカー

 強盗の共犯として収監された女性「マリー・アレン」と

 彼女を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 刑務所映画史上屈指の軽業性を

 感じさせる作品であります。

 日常劇風味と極道映画風味、効率主義と見せ場主義

 社会派要素と大衆娯楽要素が独特のバランスで共存する

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「王道」を的確に押さえる堅実さと

 過激な題材に挑む大胆さの両立法と

 限定された空間で最大限の物語性+スリル&サスペンスを

 生成する手法の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (勧善懲悪的ハッピー・エンドに背を向けて

 刑務所が人心にもたらす「負の遺産」と

 極道の世界に踏み込んだ人間の宿命を静かに写し出す

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「女系刑務所映画入門」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 「刑務所」という世界の持つ閉塞感&魔性

 女性心理の光と闇

 サクセス・ストーリー、抗争劇、日常劇の醍醐味を

 融合させることによって

 後年の刑務所映画&TVドラマに対する

 「道しるべ」の一つとなった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント