映画に感謝を捧ぐ! 「翻訳不要」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマイケル・チミノ監督の「翻訳不要」に

 感謝を捧げようと思います。

それぞれのシネマ ~カンヌ国際映画祭60回記念製作映画~ [DVD] - テオ・アンゲロプロス, マノエル・ド・オリヴェイラ, 北野武, ジョエル&イーサン・コーエン, ロマン・ポランスキー, アトム・エゴヤン, ヴィム・ヴェンダース, クロード・ルルーシュ, アッバス・キアロスタミ, アキ・カウリスマキ, ガス・ヴァン・サント, ラウル・ルイス, デイヴィッド・リンチ, チェン・カイコー, オリヴィエ・アサイヤス, ナンニ・モレッティ, ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ, デイヴィッド・クローネンバーグ, ユーセフ・シャヒーン, ウォルター・サレス
それぞれのシネマ ~カンヌ国際映画祭60回記念製作映画~ [DVD] - テオ・アンゲロプロス, マノエル・ド・オリヴェイラ, 北野武, ジョエル&イーサン・コーエン, ロマン・ポランスキー, アトム・エゴヤン, ヴィム・ヴェンダース, クロード・ルルーシュ, アッバス・キアロスタミ, アキ・カウリスマキ, ガス・ヴァン・サント, ラウル・ルイス, デイヴィッド・リンチ, チェン・カイコー, オリヴィエ・アサイヤス, ナンニ・モレッティ, ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ, デイヴィッド・クローネンバーグ, ユーセフ・シャヒーン, ウォルター・サレス

 キューバの女性歌手と

 彼女を撮影する監督の運命を描いた本作は

 軽やかな皮肉に包まれた舞台裏映画であります。

 狂気を感じさせるほどの高揚感で

 女性歌手を迎え入れ、撮影する監督と

 収録された映像をスクリーンで見つめる女性歌手が

 過度に技巧的な映像表現に対して怒り

 狂乱する姿が

 暴れ馬的な軽快さで進行する光景は

 私に「演出的狂気&無器用な愛情表現」と

 撮影者と被写体の「精神的結びつき」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (M・チミノ監督の「トラブルメーカー的生き様」を

 象徴するかのような混沌を感じさせる

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「不条理系舞台裏映画」史上屈指の

 狂乱性を感じさせる作品であると言えるでしょう。

 熱気と狂気が入り乱れる「コンサート映像」の舞台裏に

 映画に対する「独特の愛」を宿す本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント