映画に感謝を捧ぐ! 「生まれながらの殺し屋」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。
 
 今回はロバート・ワイズ監督の「生まれながらの殺し屋」に

 感謝を捧げようと思います。

生まれながらの殺し屋 [DVD] - ローレンス・ティアニー, ロバート・ワイズ
生まれながらの殺し屋 [DVD] - ローレンス・ティアニー, ロバート・ワイズ

 ジェームズ・ガンの小説「Deadlier than the Male」を

 もとにして作られた本作は

 多彩な娯楽映画を世に送ったR・ワイズ監督の手腕と

 愛と狂気に関する一考察に

 彩られたサスペンス映画であります。

 愛憎渦巻く登場人物たちの運命が

 軽やかに絡み合っていくストーリーと

 サスペンス映画的技術力と

 暇つぶし映画的サービス精神&効率性を

 兼ね備えた演出が一体となって

 凶悪な魂を持った男に魅入られ「悪」に染まっていく

 女性の姿を映し出していく光景は

 私に「サスペンスとラブストーリーを結ぶ絆」と

 悪の持つ「魅力&伝染性」を映画的に表現する
 
 手法の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (悪の底なし沼に溺れた人々と

 溺れる寸前で脱出した男の末路を

 ブラック・ユーモア的に描写した幕切れとなっている点も

 見逃せません。)

 まさに「愛憎系異常心理サスペンス」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 大衆食堂性と文学性、人心に潜む神と悪魔

 サスペンスとロマンス&ホームドラマがせめぎ合う本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント