映画に感謝を捧ぐ! 「続・菩提樹」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はヴォルフガング・リーベンアイナー監督の

 「続・菩提樹」に感謝を捧げようと思います。

続・菩提樹 [DVD] - ルート・ロイヴェリック, ハンス・ホルト, ミヒャエル・アンデ, ウォルフガング・リーベンアイナー
続・菩提樹 [DVD] - ルート・ロイヴェリック, ハンス・ホルト, ミヒャエル・アンデ, ウォルフガング・リーベンアイナー

 1956年の映画「菩提樹」の後日談となる本作は

 前作とは一味違う「異文化交流感」に満ちた

 実話系続編映画であります。

 「菩提樹」の流れを汲みつつロマンス&史劇要素を抑制しつ

 オーストリア文化とアメリカ文化、効率主義と見せ場主義

 ホームドラマ要素とサクセス・ストーリー+ミュージカル要素

 娯楽性と歴史教材性、舞台劇的表現法とMTV的表現法の

 交流を強化したストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「ヨーロッパ気質とアメリカ気質の出会い」が

 もたらす科学反応と

 過酷な状況であっても「和やかさ&マイペース」を

 失わない人々の輝きを映画的に表現する手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (舞台劇的盛り上げ&作法と映画技法を

 巧みに融合させた幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「トラップ一家伝・アメリカ編」の称号にふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 1965年の映画「サウンド・オブ・ミュージック」の

 源となった実話の「アメリカでの日々」を

 様々な娯楽技法を絡み合わせながら描いていく本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント