映画に感謝を捧ぐ! 「ポリスアカデミー4 市民パトロール」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジム・ドレイク監督の

 「ポリスアカデミー4 市民パトロール」に感謝を捧げようと思います。

ポリスアカデミー4 市民パトロール [DVD] - スティーブ・グッテンバーグ, ババ・スミス, マイケル・ウィンスロー, シャロン・ストーン, ジム・ドレイク
ポリスアカデミー4 市民パトロール [DVD] - スティーブ・グッテンバーグ, ババ・スミス, マイケル・ウィンスロー, シャロン・ストーン, ジム・ドレイク

 1984年の映画「ポリスアカデミー」をもとにして

 作られた人気シリーズの4作目となる本作は

 様々な文化を「ポリスアカデミー」シリーズ的に

 活用した第4章であります。

 「ポリスアカデミー」シリーズの精神を守りつつ

 アメリカ流自衛精神、キャノン・フィルムズ流忍者認識

 空中アクション文化を導入することによって

 生成されたストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に「アメリカの娯楽文化&精神文化」の一端と

 喜劇と時代&国情との関係を示す資料の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アクション・シーンの豪快さを高めつつも

 非殺傷精神を貫く決着の付け方と

 なっている点も見逃せません。)

 まさに「ポリスアカデミー流アメリカ文化入門」の

 一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 シリーズの法則を徹底して貫く潔さと

 1980年代文化を様々な形で導入する

 貪欲さに彩られた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント