映画に感謝を捧ぐ! 「倒れるまで」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマイケル・カーティス監督の「倒れるまで」に

 感謝を捧げようと思います。

倒れるまで [DVD] - エドワード G. ロビンソン, ベティ・デイヴィス, ハンフリー・ボガート, ウェイン・モリス, マイケル・カーチス
倒れるまで [DVD] - エドワード G. ロビンソン, ベティ・デイヴィス, ハンフリー・ボガート, ウェイン・モリス, マイケル・カーチス

 ボクシングのプロモーター「ニック・ドナティ」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 愛、野望、狂気が交錯するボクシング映画であります。

 スポーツ映画、極道映画、愛憎劇の手法を

 組み合わせたストーリー&演出、キャラクター造形が

 見せ場主義的に進行する光景は

 私に、省略すべき部分とじっくり見せるべき部分を

 判別した娯楽映画作りと

 愛と憎しみの関係&プロ・ボクシング界の暗部を

 映画的に表現する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (極道映画と恋愛劇のハッピー・エンド&悲劇的結末が

 静かに交錯する幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「武闘&愛憎系ボクシング映画」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 娯楽的アクション・ロマンス・人間模様と
 
 ボクシングの醍醐味を盛り込みつつ

 躍動感を保ち続けるストーリー展開&映像によって

 後年のボクシング映画に対する「道しるべ」の一つとなった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント