映画に感謝を捧ぐ! 「ローラ」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジャック・ドゥミ監督の「ローラ」に

 感謝を捧げようと思います。

ローラ ジャック・ドゥミ DVD HDマスター - ジャック・アルダン, ジャック・ドゥミ, ジャック・ドゥミ, カルロ・ポンティ, ジョルジュ・ドゥ・ボールガー, ラウール・クタール, ミシェル・ルグラン, ジャック・アルダン, アヌーク・エーメ, マルク・ミシェル, コリンヌ・マルシャン
ローラ ジャック・ドゥミ DVD HDマスター - ジャック・アルダン, ジャック・ドゥミ, ジャック・ドゥミ, カルロ・ポンティ, ジョルジュ・ドゥ・ボールガー, ラウール・クタール, ミシェル・ルグラン, ジャック・アルダン, アヌーク・エーメ, マルク・ミシェル, コリンヌ・マルシャン

 キャバレーの踊り子「ローラ」と彼女を取り巻く

 人々の運命を描いた本作は

 技巧と情味に彩られた恋愛劇であります。

 踊り子と母親という二つの顔を持つ

 陽気にして繊細な女性と

 彼女に魅了された男たち&彼らに関わる女たちが
 
 織りなす愛の日々を

 技巧的な作劇法&映像と文学的ムードの

 均整を保ちながら描いていくストーリー&演出は

 私に「複数のロマンス」を1つの物語へとまとめ上げる技法 

 絵画的魅力と動画的魅力の共同戦線

 愛の持つ強さ&危うさを映画的に表現する試みの

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (幸福な旅立ちと哀しき旅立ちを静かに交錯させる

 事によって「ハッピー・エンドと悲劇の表裏一体性」を

 写し出す幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「技巧派男女心理&初恋論」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 甘いロマンスと哀しきロマンス、素朴さと技巧性

 フランス文化とアメリカ文化が静かに絡み合う本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント