映画に感謝を捧ぐ! 「ボディガード(1948年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はリチャード・フライシャー監督の

 「ボディガード(1948年版)」に感謝を捧げようと思います。

ボディガード [DVD] - ローレンス・ティアニー, リチャード・フライシャー
ボディガード [DVD] - ローレンス・ティアニー, リチャード・フライシャー

 上司との対立によって警察を追われた男

 「マイク・カーター」と彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 小技と躍動感に彩られたサスペンス映画であります。

 巻き込まれサスペンスの王道に沿ったストーリーを

 盛り上がるポイントを的確に押さえつつ

 効率的に状況を進行させる作劇法

 レコードなどの小道具を生かした小ネタ

 白黒映像の特性を有効活用した雰囲気作り

 各種映像技法を使いこなす技術力で補強することによって

 味わいとスリル&サスペンスが高まっていく光景は

 私に娯楽映画における「適性範囲のスケール感&スピード感維持」

 「舞台&小道具を有効活用する事」の重要性を再認識しつつ

 王道的な物語に個性を与える技法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (後年の企業犯罪を先取りした「真相」と

 能天気なハッピー・エンドの中に「結婚に対する皮肉」を宿す

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「巻き込まれサスペンス技法入門」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 危機にあってもマイペースを貫く主人公&ヒロインの勇姿と

 暇つぶし規模の枠内で様々な技を駆使していく

 物語&映像が心地良い本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント