映画に感謝を捧ぐ! 「ブルー・ガーディニア」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はフリッツ・ラング監督の「ブルー・ガーディニア」に

 感謝を捧げようと思います。

フリッツ・ラング コレクション ブルー・ガーディニア [DVD] - アン・バクスター, リチャード・コンテ, アン・サザーン, レイモンド・バー, ナット・キング・コール, ジェフ・ドネル, ジョージ・リーヴス, フリッツ・ラング, チャールズ・ホフマン, ラオール・クロウシャー, アレックス・ゴットリーブ
フリッツ・ラング コレクション ブルー・ガーディニア [DVD] - アン・バクスター, リチャード・コンテ, アン・サザーン, レイモンド・バー, ナット・キング・コール, ジェフ・ドネル, ジョージ・リーヴス, フリッツ・ラング, チャールズ・ホフマン, ラオール・クロウシャー, アレックス・ゴットリーブ

 自分を殺人犯と思いこんだ女性「ノラ」と

 彼女を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 渋味と幻惑性がせめぎ合う巻き込まれ映画であります。

 恋愛悲劇的状況から記憶喪失映画+推理劇へと向かいつつ

 報道機関に対する皮肉を放つストーリー

 幻惑的映像表現によって「ヒロインの精神状態」を

 写し出す手法
 
 哀しげな雰囲気を醸し出す音楽が一体となる光景は

 私に「暴力描写」の抽象化とスリル&サスペンスの高揚を

 両立させる妙技と

 映像&音楽と物語による共同戦線の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (サスペンスとラブ・コメディのハッピー・エンドが絡み合う

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「記憶喪失映画&巻き込まれサスペンス講座」の

 雄と呼ぶにふさわしい作品であると言えるでしょう。

 殺人事件の謎解きよりも

 愛と記憶を失い、罪悪感と恐怖に囚われたヒロインの苦悩と

 報道と警察の複雑な関係を重視した

 作劇法&映像技と作品世界の雰囲気に沿った挿入歌によって

 大衆娯楽性と風刺性、推理劇性と悲劇性の両立を可能とした本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント