映画に感謝を捧ぐ! 「ジュラシック・プレデター(2018年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアンドリュー・ジョーンズ監督の

 「ジュラシック・プレデター(2018年版)」に感謝を捧げようと思います。

ジュラシック・プレデター [DVD] - リチャード・ディー=ロバーツ, ジェイソン・ホームウッド, リー・マーク・ジョーンズ, デレク・ネルソン, デイビッド・リンドン, アンドリュー・ジョーンズ
ジュラシック・プレデター [DVD] - リチャード・ディー=ロバーツ, ジェイソン・ホームウッド, リー・マーク・ジョーンズ, デレク・ネルソン, デイビッド・リンドン, アンドリュー・ジョーンズ

 研究施設から脱走した恐竜を捜索するために

 雇われた男たちの運命を描いた本作は

 滑稽且つ倹約的な狂気に彩られた

 モンスター映画であります。

 緩やかに進行しているにもかかわらず

 勢い任せに登場人物達が亡くなっていくストーリーと

 細切れ的映像表現、残酷趣味的被害者造形

 アップ重視的なモンスター描写の限りを尽くした

 演出が一体となる光景は

 私に見世物的残酷さ&効率主義的非情さが

 「モンスター映画に対する無意識の皮肉」と化していく現象と

 予算・人員・物資を節約したモンスター系SF作りの

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「戦争の残酷さ&世間の無情さ」への不満を

 静かに示した台詞の奇襲攻撃

 清々しいほどの肩すかし感と思わせぶり感に満ちた幕切れ

 SF映画史上屈指の「渋味&分かり易さ」に満ちた
 
 エンドロールも見逃せません。)

 まさに「軽量級恐竜映画」史上屈指の軽さと残虐性を

 感じさせる大珍作であると言えるでしょう。

 「プレデター」と「ジュラシック・パーク」を

 力業でつなぎ合わせたかのような状況設定&題名

 消耗品&飾り物感漂うキャラクター陣

 省力感満載の特殊効果&映像技の数々が印象深い本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント