映画に感謝を捧ぐ! 「カメラを持った男」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジガ・ヴェルトフ監督の

 「カメラを持った男」に感謝を捧げようと思います。

カメラを持った男 (Man with a Movie Camera) [DVD]劇場版(4:3)【超高画質名作映画シリーズ100】 デジタルリマスター版 - 世界, 世界, 世界, ジガ・ヴェルトフ, 世界
カメラを持った男 (Man with a Movie Camera) [DVD]劇場版(4:3)【超高画質名作映画シリーズ100】 デジタルリマスター版 - 世界, 世界, 世界, ジガ・ヴェルトフ, 世界

 1929年のソビエト(現ロシア)について記録した本作は

 軽量さの中に多大な教材性を宿す記録映像であります。

 ソビエトの日常風景&記録映像作りの舞台裏を撮影し

 各種編集技法によってつなぎ合わせることによって

 「日常の物語性」・「カメラを意識した人間の反応」・「音と音楽の関係」

 「機械系テクノロジーの原理」を世に示そうという試みは
 
 私に「ロシア&記録映像の歴史」の一端と

 「映像作品と現実を結ぶ絆」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (淡々と進みつつも「ある種の高揚感」を感じさせる

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「1920年代世界&映像文化入門」の

 一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 様々な映像作品技法を繰り出す知略&技術と

 状況設明を極限まで抑制し「被写体の真実」を

 記録し、表現することにこだわる

 実験精神が融合した本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント