映画に感謝を捧ぐ! 「ジーサンズ はじめての強盗」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はザック・ブラフ監督の

 「ジーサンズ はじめての強盗」に感謝を捧げようと思います。

ジーサンズ はじめての強盗 [DVD] - モーガン・フリーマン, マイケル・ケイン, アラン・アーキン, ザック・ブラフ
ジーサンズ はじめての強盗 [DVD] - モーガン・フリーマン, マイケル・ケイン, アラン・アーキン, ザック・ブラフ

 1979年の映画「お達者コメディ/シルバー・ギャング」を

 もとにして作られた本作は

 テクノロジーと人間力が交錯する

 犯罪喜劇であります。

 銀行&企業の冷酷なる経済活動によって

 押しつぶされていく老人たちの「ささやかな反撃」を
 
 人情劇と犯罪映画の特性を融合させ

 喜劇的加工を施しながら描いていくストーリーと

 MTV技法、最新映像技術、ドタバタ映画風味が

 軽快に絡み合う演出

 渋味と庶民的ムードの利いた俳優&女優陣を駆使して

 描いていくという試みは

 私に、過酷な状況をユーモラス且つエネルギッシュに乗り切る
 
 男たちの勇姿と

 スリル&サスペンスとユーモア&哀愁が

 絶妙のバランスで配合された物語&映像作りの

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (人生の終幕を意識しつつも「今」を最大限に楽しむ

 男3人の姿が心地良い幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「悲殺傷系人情派泥棒喜劇」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 アメリカ映画界が誇る古強者達の存在力と

 シリアスとユーモア、日常劇要素と冒険要素

 社会派風味と童話風味が

 絶妙のバランスで配合された作品世界を

 満喫させてくれる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント