映画に感謝を捧ぐ! 「スペードの女王(1948年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はソロルド・ディキンソン監督の

 「スペードの女王(1948年版)」に感謝を捧げようと思います。

スペードの女王 [DVD] - アントン・ウォルブルック, エディス・エヴァンス, ロナルド・ハワード, メリー・ジェロルド, ソロルド・ディキンソン
スペードの女王 [DVD] - アントン・ウォルブルック, エディス・エヴァンス, ロナルド・ハワード, メリー・ジェロルド, ソロルド・ディキンソン

 アレクサンドル・プーシキンの同名小説をもとにして

 1948年に作られた本作は

 上品さと残酷さが交錯する怪奇映画であります。

 愛と狂気、史劇とサスペンス&ホラー

 舞台技法と映画技法が複雑に絡み合う

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に社会の暗部と神秘が融合することによって

 生じる科学反応と

 暴力に依存しない怪奇恐怖生成術の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (結末の意味を鑑賞者の心にゆだねる

 純文学的な幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「陰性文学系怪談」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 人の邪心&恐怖心によって呼び出された「悪魔」がもたらす

 愛と野心&疑心のせめぎ合いを

 見世物的恐怖描写&性描写に依存することなく

 描くことに挑んだ本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント