映画に感謝を捧ぐ! 「バンバン・クラブ 真実の戦場」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はスティーヴン・シルバー監督の

 「バンバン・クラブ 真実の戦場」に感謝を捧げようと思います。

バンバン・クラブ 真実の戦場 [DVD] - ライアン・フィリップ, マリン・アッカーマン, テイラー・キッチュ, フランク・ルーテンバッハ, ニールス・ヴァン・ヤースベルド, ニナ・ミルナー, スティーヴン・シルバー, グレッグ・マリノビッチ, ジョアオ・シルバ, スティーヴン・シルバー, ライアン・フィリップ
バンバン・クラブ 真実の戦場 [DVD] - ライアン・フィリップ, マリン・アッカーマン, テイラー・キッチュ, フランク・ルーテンバッハ, ニールス・ヴァン・ヤースベルド, ニナ・ミルナー, スティーヴン・シルバー, グレッグ・マリノビッチ, ジョアオ・シルバ, スティーヴン・シルバー, ライアン・フィリップ

 グレッグ・マリノビッチ&ジョアオ・シルバの著書を

 もとにして作られた本作は

 奇策性、クールさ、知略が絡み合った

 実話系戦争映画であります。

 南アフリカの内戦を「戦場カメラマン」の目線で描くという発想
 
 「娯楽映画的」な場面を挿入しつつ

 出来事&映像を淡々と進行させるクールさ
 
 大作的風景&人員攻勢を兼ね備えたストーリー&演出は

 私に「戦争」が人心に与える悪影響と

 「真実」を記録し、人々に伝える営みに

 身を捧げた人間に科せられた熱気&呪いを
 
 映画的に表現する試み

 資料性、メッセージ性、娯楽性による共同戦線

 残酷な状況を淡々と描写する手法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (真実を伝える事と世界を変えることの間にある溝と

 「現実」はハッピー・エンドと悲劇の二択とは

 なり得ないことを示すかのような

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「バンバン・クラブ&アフリカ史入門」と

 「報道系武勇伝」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 2004年の映画「ホテル・ルワンダ」がもたらした

 潮流の中で生を受け

 戦場カメラマンに宿る「本能」と人間的感情

 報道者精神と人道精神のせめぎ合い

 西洋諸国による「世界支配戦略」がアフリカにもたらした傷跡

 暴力&狂気の持つ伝染性+麻薬性を世に示した本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント